読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

染色加工いろいろ

趣味でなく、工業的に行う染色加工に関することを書いています。

繊維製品品質管理士(TES)について 1

繊維製品品質管理士

少し染色から離れて繊維業界で比較的取得者の多いこの資格について書いてみようと思います。

 

繊維製品品質管理士とは繊維関連の資格で、名刺に書いておけばある程度知識があるレベル(中級者)と認識してくれるはずです。難易度は私見ですが簿記2級程度だと思います。

試験は5科目あり、

1.繊維に関する一般知識

2.家庭用繊維製品の製造と品質に関する知識

3.家庭用繊維製品の流通、消費と消費者問題に関する知識

4.事例

5.論文

となっています。

 基本的にこの試験を受けるのは繊維業界に携わっている人だと思いますので、1.については問題ないと思いますし、2.3.についても過去問5年分を3回程繰り返せば、十分合格レベル(60/100)に到達できます。

 問題なのが4.5.です。1.2.3.はマークシートですが、4.5.については記述式であり、文章を書かなければいけません。特に鬼門なのが4.事例で、ここでつまずき、あきらめる人も多いようです。

 この試験は3年間合格科目の取りだめができますが、正直私は3年もかけて取る程のメリットが、この資格にあるとは思っていません。近年ですと約10%弱の人が一回目の試験で5科目合格しています。対策をすれば十分初回の試験で取得できる資格です。

 若しくは1年目でマークシート3科目を合格し、2年目に事例、論文を集中して勉強するのも良いかもしれません。

 勉強時間の目安ですが、私の経験で言いますと、約100時間で5科目とも自己採点80点以上、初回で資格認定でした。要領の良い人、基礎知識のある人は50時間程度でもいけそうな気はしました。