読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

染色加工いろいろ

趣味でなく、工業的に行う染色加工に関することを書いています。

準備工程

染色技術

 ここからは現場での実加工になります。

 染色工場における準備工程とは、ロール状あるいは畳まれた生地を加工し易いように、受け箱に振りわける開反作業、また加工ロットの長さにするため、複数反を縫い合わせる結反が代表的です。また生地が染色工程の熱で縮んでしまわないようにする予備セット(プレセット)、生地の汚れを染色機、あるいは連続装置(オープンソーパー)で落とす精錬も含まれるかもしれません。

準備工程で気を付けなければならないポイントは、キズ、汚れではないでしょうか。

開反作業は生地をほどくわけですから、設備に不具合があると連続でキズが入る恐れがあります。

また生機(染色工場において加工前の生地を生機:キバタと呼びます)の汚れは、そのまま予備セットで熱をかけると、汚れが焼け付き落とせなくなることがあります。

染色工場では生地と生地を繋ぐ際、織物はインターロック、編物はオーバーロックで縫い合わせますが、ミシンの糸調子が悪いと加工中、意外とテンションがかかりますから縫い目から生地が裂けたり、目に沿って縫わないと生地の目が曲がってしまったりします。