読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

染色加工いろいろ

趣味でなく、工業的に行う染色加工に関することを書いています。

染色工程1 染色機

染色技術

 さて、いよいよ染色工程ですが、現在日本の染色工場において、主流の染色機は液流染色機になるかと思いますので、それをメインに書いてみよう思います。

 液流染色機は揉み効果による風合いの良さ、浴比の低さ(浴比とは生地重量と水量の比率のことで、生地重量100kgに対し、水量が1000Lであれば1:10になります)、染色時間の短さ、圧力容器のため100℃以上の染色が可能である等が特徴です。

 生地をロープ状で染色するため、平織や一部綾織はシワの関係上染色加工出来ませんが、それ以外はほぼ全てに対応出来る汎用さも合繊を扱う染色工場で普及している一因でしょう。

 筒状の胴体(長さ約8m-10m、直径約60-80cm)が染色機1台につき、1本の場合1チューブ、2本の場合2チューブと呼び、1チューブあたり生地約100kgの染色が可能です。

 生地目付(1Mあたりの重量)にもよりますが、長さで言うと1チューブあたり約500M程度まで一度に染色可能です。

 その他、ウィンス、ビーム、ジッガー等が反染では使用されています。

 ウィンスは反始めと終りを縫い合わせて輪っか状にした生地を、液溜まり上部のリールの回転のみで染液の中に生地を循環させる染色機です。しかし純粋にリールだけのウィンスはもうあまり無く、生地をリールと液の噴射で移動させる液流ウィンスが一般的だと思います。

 浴比は適正バッチで液流染色機の場合10前後、ウィンスでは10-15ぐらいでしょうか。低浴比型(5前後)の気流染色機(エアサーキュラー)もあるようですが、染色には使用が難しく、風合い出しに使用すると聞いています。