読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

染色加工いろいろ

趣味でなく、工業的に行う染色加工に関することを書いています。

染色工程3 水

染色技術

 染色に使用する水は重要で、水の良い所が染色の産地である場合が多いです。

 取水と排水の関係上、染色工場は川沿い、または海の近くに立地していることがほとんどです。

 染色において良い水と言うのは軟水であることです。

 通常染色工場であれば水は管理しており、硬度、pH、温度等を測定しているはずです。

硬度の高い水は洗浄不良、染色物の色のくすみ、色ブレを引き起こし、またボイラー配管等にも悪影響を及ぼすため、軟水処理をしたり、キレート剤(金属と反応、閉じ込める薬剤)を使用したりしています。

染色工程で原因がわからない不良が発生した場合、意外と水が原因の場合があるかもしれません。