読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

染色加工いろいろ

趣味でなく、工業的に行う染色加工に関することを書いています。

技術士(繊維部門)について2

技術士(繊維部門)

 技術士になるためには、1次試験を合格、もしくはJABEE認定の学校を卒業し、7年以上の実務経験を経て2次試験を受験、合格しなければいけません。

 大学院卒であれば最大2年実務経験に含むことができるとか、技術士指導の下での実務経験であれば4年以上とかありますが、単純作業やOJT等は技術士になるにふさわしい実務経験にカウントされませんので、通常ですと入社約10年以降、年齢では30代半ば以降での受験になります。

 しかし中には大学院2年と、技術士の下での経験2年をもって20代で取得する優秀な人もいるようです。

 またJABEEの場合は別にして、実務経験は1次試験合格以前でも構いませんので、実務経験のある人は1次合格後、即2次を受験できます。

 1次試験の内容は大学レベルの自然科学知識、受験部門の知識、技術者倫理となっています。

 自然科学と技術者倫理は書店で売っている本で対処できますし、受験部門の基礎知識は繊維部門であれば、TESと同等か若干難しい程度です。各50%以上の正解で合格ということもあり、私自身もちろん勉強はしましたが、試験で苦労した、難しかった等は特にありません、試験が朝から夕方まで丸一日で面倒だったことは印象にあるですが。

ちなみに私の試験結果は適正科目15/15、専門科目44/50、基礎科目11/15でした。

 基礎科目の点数が若干低いのは、50%以上で合格のため、苦手な物理を捨てて全然勉強しなかった為です。適正科目が満点ですが、これは普通免許のように常識問題だったのと、この年は簡単だったため、ほぼ全員満点だったのでしょう。

1次試験に合格し、指導技術士がいれば技術士補になることができますが、申請しない人がほとんどです。あくまで2次試験を受験する為の必要条件といった位置づけです。