読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

染色加工いろいろ

趣味でなく、工業的に行う染色加工に関することを書いています。

技術士(繊維部門)について3

技術士(繊維部門)

 2次試験についてですが、まず受験申込書に経歴、どのような経験を積んできたのか記入し、また代表的な実務経験の詳細を720文字以内にまとめて書かなければいけません。

 受験申込書からすでに試験が始まっていますので、例えば“詳細を書く”と上述しましたが、技術士になろうとする者がITスキルも持っていないのかと思われないよう、パソコンで打つのが無難でしょう。

業務詳細は口頭試験で査問されますので、できれば技術士に見てもらい指導を受けるのが良いと思います。

 また記入した経歴について聞かれる場合がありますので、経歴を詐称したり、盛ったりするのは止めておいたほうが良いです、ボロが出れば取り返しがつきません。書いた内容が自分で読んで乏しいのであれば、まだ技術士になる段階ではありません、経験を積んで下さい。

 2次試験は1次と違い、その難易度は段違いで、試験自体も申込みが4月、筆記試験7月、筆記試験合格発表10月、口頭試験12月、最終合格発表3月と丸1年続きます。

 試験のことが頭の片隅に常にある1年間を過ごす覚悟を持って望まなければならず、結構しんどいです。しかも難易度的に1回目で合格できるとは限らず、実際私も初回は筆記試験不合格で、2回目で口頭含め合格したのですが、仕事をしながらの勉強はかなりきついものがありました。