読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

染色加工いろいろ

趣味でなく、工業的に行う染色加工に関することを書いています。

繊維製品の試験について4

繊維製品の試験

染色堅牢度について

 衣服、インテリア、車の内装等、身近にある繊維製品は、ほぼ全て染色、もしくはプリントされていると言っても過言ではありません。例外的に生成り(キナリ)と言う素材の色をそのまま生かす物がありますが、より生成り感を強調するため少し色をつけたものも生成りと呼ばれるため、生成り=染色していないという訳でもありません。

 そういった染色物の色落ちの度合いを評価するのが染色堅牢度試験です。

 代表的な項目として洗濯堅牢度、耐光堅牢度、汗堅牢度、摩擦堅牢度があります。

 洗濯堅牢度は文字通り洗濯でどの程度色落ちするかの試験で、試験対象の色落ちの度合いを変退色、その色落ちが一緒に洗濯した他の生地をどのくらい汚してしまうかを汚染といい、それぞれ等級で表します。等級は物性試験のところで書きましたが、1級(不良)から5級(良)まで半級づつ9段階で表します。

 耐光堅牢度は光を決められた時間照射し、どの程度退色するかを見る試験で、汗堅牢度は人工的に配合した汗試験液での退色、色落ち、摩擦堅牢度はこすった際の色落ちを見ます。

 その他にはポリエステル素材に適用される昇華堅牢度、水着等に用いられる塩素処理水堅牢度、ドライクリーニング堅牢度、スポーツ衣料で重視される汗耐光堅牢度等があります。

 基準としては変退色4級、汚染3-4級以上が一般的なところです。